【手続きの方法と事前準備】バイク・原付の引越しに伴う住所変更

【手続きの方法と事前準備】バイク・原付の引越しに伴う住所変更

バイクや原付も住所変更が必要

引っ越しで住所が変わるときは、バイクや原付の登録住所も変更しなければなりません。
住所変更手続きはいろいろと面倒なので、代行サービスを利用することが一般的ですが、手順さえわかっていれば自分ですることもできます。

 

必要書類を揃えて陸運局へ

イメージ

バイクの住所変更は、必要な書類を揃えて管轄の陸運局に持参し手続きを行います。
必要書類はバイクの排気量によって異なりますので注意しましょう。

 

小型二輪自動車の場合

251cc以上の小型二輪自動車の場合は、車検証と発行から3か月以内の住民票、自賠責保険の証明書、印鑑、管轄の陸運局が変わる場合にはナンバープレートが必要になります。
その他、申請書や軽自動車申告書、手数料納付書は陸運局で入手できるので、それを使うようにします。

もし、手続きを所有者ではなく代理人が行う場合には委任状も用意する必要があります。

 

軽二輪自動車の場合

126cc以上250cc以下の軽二輪自動車の場合には、車検証(軽自動車届出済証)、発行から3か月以内の住民票、有効期間が残っている自賠責保険証明書、印鑑、陸運局の管轄が変わる場合にはナンバープレートを用意します。

 

他に、陸運局で販売されている軽自動車届出済証記入申請書または軽自動車届出済証返納届・軽自動車届出書と、所有者以外が申請する場合には委任状が必要になります。

ナンバープレートに変更が無い場合は、軽自動車届出済証記入申請書、ナンバープレートに変更がある場合には軽自動車届出済証返納届・軽自動車届出書を使用します。

 

原付は一旦廃車し登録し直す形で

125cc以下の原付の場合、住所変更手続きは廃車手続きとほぼ同じです。
つまり、あらかじめ旧住所で廃車証明書を発行してもらう必要があるということです。

 

同一市区町村内での引っ越しの場合は、管轄が変わらないので手続きの必要が無く、転居届を出せば、自動的に住所変更が完了しますが、管轄が変わった場合には前もって廃車証明書を発行してもらっておかなければなりませんから、忘れないように注意しましょう。

 

また、手続きは陸運局ではなく、管轄の市区町村役場で行うので間違えないようにしましょう。
必要書類は、原付を購入した際にナンバー交付に伴って交付された標識交付証明書(紛失してしまった場合には無くてもOK)と印鑑、市区町村が変わった場合にはナンバープレート、そして、役所で入手できる廃車申告書です。
廃車証明書が交付されたら、新住所の管轄の役所で登録手続きをし、新しいナンバープレートを受け取ります。

 

書類は前もってもらっておく

バイクの住所変更に必要な書類は枚数が多いため、陸運局に行ってから作成しようとすると大変です。
前もって陸運局に申請書類一式を購入しに行き、自宅で間違いのないように記載してから持参した方がスムーズに手続きできるかもしれません。

 

また、バイクの住所変更が済んだら、流れで自賠責保険の住所変更もするようにしましょう。そうすると忘れずに済み安心です。

 


このページの先頭へ戻る