バイク・原付の処分の方法・注意点【引越しで不要になった場合】

バイク・原付の処分の方法・注意点【引越しで不要になった場合】

引っ越しに伴い、バイクが不要になる場合や売ってしまいたい場合は一体どういうことをすれば良いのでしょうか。
何らかの手続が必要になることは予想がつくが、一体どんな手続が必要になるのか、意外と知らない人がいると思います。

 

ここではそんなバイク・原付の ”処分の仕方” について説明をしていきたいと思います。

 

バイクは動かなくてもただのゴミにはならない

どんな手続をする必要があるのか

バイクを処分する場合、普通のごみのようにただ回収に出せばよいというわけにはいきません。
廃車の手続きを済ませておく必要があります。

 

なぜなら、バイクや原付は所有者が管轄の陸運局や役所に登録されている車両だからです。
ですから、もし廃車手続きを行わずゴミとして回収に出してしまった場合には、自分の全く知らないところで発生したトラブルであっても、所有者としての責任が問われることになるかもしれないのです。

手続きをしていないとこんなトラブルの危険が

例えば、まだ乗れるものであれば、他人が無断で乗り回したり、修理した上で転売されたりする可能性もあります。
その場合、他人が無断で乗り回した末に起こした事故であっても、所有者の責任が問われることもありますし、転売された場合には廃車が済んでいないバイクは新しい持ち主が登録できないため、思わぬトラブルに巻き込まれることにもなりかねません。

バイクや原付が不要になった場合には、きちんと廃車手続きをするようにしましょう。

 

他人に譲るときにも廃車手続きは必要

”捨てる時”以外にも手続きが必要

「廃車」と言うと、動かなくなったバイクや原付をゴミに出すための手続きと思っている人が多いようですが、売却するときや他人に譲渡する場合にも廃車手続きは必要です。

バイクの種類によって色々違ってくる

特に、原付バイクの場合には、他の市区町村に管轄が移っただけでも一度廃車の手続きが必要なのですから、廃車は登録をし直すために必要な手続きだという感覚でとらえた方がよいでしょう。

 

バイクの場合、排気量によって廃車の手続きに必要な書類や手続き方法が違うので注意が必要です。
また、自賠責保険の有効期間内であれば、その残り期間に応じた保険料が返戻されるので、廃車を行うのであれば早めに行った方がよいでしょう。

 

廃車を行ったら自賠責保険会社への連絡も忘れずに

支払った保険料は返ってくる

廃車が済んだバイクであっても、保険会社に連絡しなければ保険料の返戻(払い戻し)は受けられません。
もちろん、自賠責保険の場合は自動的に契約が更新されることはないので、次回の保険料を勝手に引き落とされるというようなことはありませんが、きちんと連絡をしておかなければ、既に支払った保険料の返戻を受ける権利は無くなってしまいます。

そのため、廃車手続きが済んだら早めに連絡をしましょう。

 

廃車手続きごと買取業者に委託する方法も

買取額で引っ越し費用の足しになるかも

引っ越しが控えているときは、バイクの廃車手続きを行っているような時間的余裕がない事も考えられます。
そのような時には、廃車手続きの段階からバイクの買取業者に任せてしまうという方法が一番便利です。

捨てるつもりだったバイクに意外な高値が付くこともありますから、引っ越し費用の足しになるかもしれません。

他にはこんな業者も

また、本来だったら高い処分費用がかかるようなボロボロのバイクでも、安く引き取ってくれたり、無料で処分を請け負ってくれたりするような業者もありますから、そのような業者に処分を依頼するのもよいでしょう。

ただし、違法に放置されたり、転売されたりした場合には責任が回ってくることもありますから、信頼できる業者を見つけることが大事です。

まとめ

このようにバイクや原付を処分する方法は何通りかあります。
ポイントとしては、

まずは、売るにせよ捨てるにせよ、廃車の手続きが必要!
手続きが面倒であれば廃車の手続きもしてくれる業者に依頼する!
廃車の手続きが完了したら保険料の返戻の連絡を忘れないこと!

以上の3点を忘れないようにしましょう。


このページの先頭へ戻る