【料金について】バイク・原付の引越しの料金相場と安くするコツ

【料金について】バイク・原付の引越しの料金相場と安くするコツ

バイクや原付の引っ越し

バイクや原付の引っ越しは自分で乗って移動するのが一番確かな方法ですが、新居への移動を車でする場合や、バイクが複数台ある場合には、そういうわけにもいきません。

 

他の荷物と一緒であれば、原付程度のサイズの物なら、ほとんどの引っ越し業者が家財同様に運んでくれますが、大型バイクの引っ越しや、家財とは別にバイクだけを移送したい場合などは、少し事情が変わってきます。

 

バイクを運ぶ場合は、引っ越し全般を扱う業者の他に、バイクを専門に運んでくれる業者もありますから、そのような業者も併せて見積もりを取ってみると安く運べるかもしれません。
ただし、バイクは倒れたりするとガソリンが漏れ、引火する恐れがありますから、きちんと固定し丁寧に運んでくれる、信頼できる業者を選ぶのが前提です。

 

バイク移送の相場

イメージ

小さいバイクであれば、引っ越しの荷物と一緒に運んでくれる業者が多いのですが、トラックに他の荷物と一緒に乗せて運ぶとなると、しっかり固定する必要があるので大変です。
しかも、業者によっては他の荷物と一緒には運んでもらえないこともあります。
ですから、最初からバイクだけを別に運ぶつもりで交渉した方がよいかもしれません
バイクを1台だけ運ぶ場合、小型バイクなら東京−大阪間30,000円〜40,000円くらい、大型バイクなら50,000円くらいが相場です。

 

安く運んでくれる業者を探すには

業者にバイクを運んでもらう場合、距離とサイズによって料金が決まっていることが多いのですが、それ以外に自走できるかどうかも考慮の上で料金が決まることもあります。
業者に依頼する際には、いくつかの業者で相見積もりを取り、比較してから決めるようにしましょう。
少し交渉してみるだけで安くなることがあります。

 

最初は少し高めの料金を提示されることが多いので、業者の言い値でそのまま契約してしまうのはやめましょう。

 

例えば、既に決まっている別の引っ越しの帰りに、空いたスペースに乗せてもらうことができれば、かなり格安に運んでもらえる可能性があります。

 

実は、長距離移動を伴う引っ越しの場合、高速料金や燃料費が相当かかるのですが、帰りは運ぶ荷物が無く、スタッフだけしか乗っていないトラックが同じ費用をかけて戻ることになってしまいます。
もしバイクの移送先が、輸送業者が営業所に戻るルート上にあれば、空きスペースを有効利用しながら、移送費も依頼者からもらえるのですから、業者としてはおいしい話になります。
ですから、そのような便を探しているという話をすると、業者側の事情を知っていることもアピールでき、かなり安く運んでもらえることがあるのです。


このページの先頭へ戻る